×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

色白 コンプレックス 男

色白がコンプレックスです

子どもの頃から色白なのが私の悩みです。
今の時代、美白男子など中性的な男性がもてる時代なのかも分かりませんが、
それもマツジュンのように顔がかっこよくてこそだと思うのです。私は顔も至って平凡です。
昔から海やプールやらは大好きなのですが、友達と行くと白い肌がひときわ目立って恥ずかしいです。

ちなみに学生時代は野球部でしたので
顔と肘から手先だけは人並みに焼けていました。(これがまたかっこ悪い)
家のベランダで、人知れず素っ裸になり必死で焼いた思い出もあります。
しかし結局肌が真っ赤にるだけで理想の褐色男子にはなれませんでした。
通販で怪しい「塗るだけ日焼けグッズ」を購入したこともありましたが、

これも失敗。(今考えれば当たり前)
そうやって、なんとかして黒くなろうと若い頃に肌を傷めつけてきたため、
今は背中から腕から斑点状のシミだらけになってしまいました。
そんな私のせめてもの救いは、
近年、日焼けが体に悪いということで水辺でラッシュガードなるものを着る男性が増えてきたことです。

私の悩みは、肌の色が極めて白いことです。
幸いにして今の世の中、中性的な色白男子がスポットライトを浴びることも珍しくはありませんが、
男として生まれたからには、健康的な小麦色の肌を手に入れたいとずっと思っていました。

 

私は、昔からスポーツが好きで、実際どんなスポーツもかなりこなせる運動能力を備えています。
しかし色が白いというだけで、なんとなく印象点でマイナスを付けられているような気がしてしまいます。

 

また、プールや海に行っても、よく焼けた男性と目が合うと、なんとなく勝ち誇られているように思ってしまいます。
あんな風にいい色になりたいと、若いころは頑張って日焼けしようとしましたが、真っ赤になるだけで駄目でした。

 

色が白い男性の印象として私のこれまでの経験上、運動できない、インドア、草食系、大人しい、体が弱い、ケンカも弱い、などがあるように思います。
私自身、そのような人間ではないと自負していますが、周りからはそんな風に見られているような気がします。

続きを読む≫ 2014/06/24 09:14:24

自分もそうですが色白そのもののコンプレックスは多少はあるものの
服が似合いやすい、似合う服のジャンルが広い等のメリットがあります。

ですが私の一番の悩みは色白であるが故に髭が非常に目立ってしまうことにあります。
当然ながら皮膚の色はかなり白いので髭の皮膚中、もしくは剃りこしの部分が黒く、というよりも青々と見えてしまいます。
一般的な表現として『青髭』状態と言うヤツですね。
また、残念なことに私の髭が元々濃いこともあって一日に2回ほど”きちんと”剃らないとすぐに青々してしまいます。

当然のことながら電気カミソリでは深剃りできないので使っていません。
毎朝の時間の無い時には本当は電気シェーバを使えば楽なんでしょうが
私は営業職ということもあり清潔感を重視しなくてはなりません。
また女性相手の営業なので髭が濃いことが本当に憂鬱です。
何か方法は無いのだろうか?
っと考えたところ、2つの方法を思いつきました。

1つ目は日焼けサロンに行くこと!
この方法は確かに理にかなっていますが自分はそこまで色白自体には嫌悪感はありません。もちろん今より多少は黒くなりたいという気持ちはありますが 髭が目立たなくなるくらい日焼けするのってどの程度なんだろうか?という疑問が出てきたのでこの方法は却下なのかもしれませんね。

2つ目の方法は髭自体を脱毛してしまうこと
これには細かく分けるといくつか方法がありますが
カミソリ等では1日2回剃らないとキレイな状態は保てれません。
ましてやカミソリで皮膚が傷つくこともあるので肌荒れリスクが高いというデメリットは強烈でした。

何かもっと良い方法は無いだろうか?と考えたところ
やはり究極的には『髭脱毛サロン』に通うのがベストな選択なのでないだろうか?
という結論に達しました。
私の住んでいるところは幸いにもある程度都会だった為、男性用の髭脱毛サロンが複数出店していました。
少し地方に行くとさすがに男性用の脱毛エステサロンは店舗の数が限定的のようですね。
お試し体験というのがどこのサロンも安価でやってるのでまずは申し込んでみることにします。
続きを読む≫ 2014/05/30 08:55:30